産後に体質が変わったという話

産後に体質が変わったという話は良く聞きますが、肌もその例に漏れないようです。

ホルモンは生理周期でも変化しますが、妊娠により数ヶ月以上安定していたあとは影響が大きく、急にしみが出たり、乾燥してシワが出るなどのお肌の変化が生じるため、身体的にも気分的にも大きな負担となります。

エストロゲン(女性ホルモン)は肌のハリを保つ効果がありますが、出産後の急な減少のせいで肌は乾燥に傾く場合がほとんどです。

夏場は湿度のせいで気づかず、秋になって悪化するので注意が必要です。

肌が過敏になるので、いままで大丈夫だった化粧水が合わなくなることもあります。

元の肌質に戻るまでは、無添加タイプのスキンケア製品で刺激を抑え、毎日きちんと水分を補って肌を乾燥から保護するようにしましょう。

ベビーちゃんと一緒に使えるケアアイテムもあるようです。

ここ二年くらい、アンチエイジングについて考えることが増えてきました。

笑ったときに目元に集中するようなシワが多く、多少はあったけれど、こんなになかったはず!と思いました。

肌のお手入れひとつとっても、以前から時間をかけているつもりです。

乾燥肌なので、目周りは専用アイテムを色々試してみて、長時間しっかり効く保湿を行っています。

年齢に合わせて、そろそろケアも変えどきなのかもしれません。

お肌のシミは年齢を重ねていくと、見て見ぬふりはできなくなってきますよね。

とは言っても、同じシミでも形や気になる部分はどこか、といったことで、分類することが可能ですので、症状に適した薬を、ネットで検索したり、皮膚科へ行ってみるのもいいでしょう。

ただし、薬では完治できないシミもありますので、そんなシミの対処にお困りの場合は、レーザー治療を施すことも考えてみてください。

お肌に先天性のシミ、色素沈着、アザなどがあって、気にしている方をよく見かけます。

生まれつきだから治療しても消えないと思っている方が多いのですが、皮膚科の医療の進歩はとても速く、完全には消えないものもありますが、明らかな色素沈着や盛り上がりはなくすことができます。

顔のシミやアザを何とかしたいと思う方は、専門医に相談することをお勧めします。

それに、シミ、アザをどのように消したのかという体験談を参考にしてください。

うっかり作ってしまったシミを消すためのやり方はいくつかあるのですが、私が教えたいのはプラセンタが配合された美容液を肌に染み込ませることです。

角層までしっかりと届くのが実感できます。

使用を続けているとシミの跡がかすかに残る程度になってきたので、シミができる前の肌に戻るまで使ってみようと思っているのです。

お肌について多くの人を悩ませているのがシミです。

シミの要因は様々ありますが、主な原因として日焼けなどによって、お肌が赤みを帯び、それが変色して、色素沈着が起こってしまうからなのです。

日焼けだけではなく、ひどいニキビによる炎症の跡も意外かもしれませんが、シミの原因になるんです。

手抜き無しのUV対策に取り組むことや普段よりスキンケアに力を入れると、シミ予防の効果を期待することが出来ます。

UV対策やスキンケアの他に、食生活やサプリによって積極的にビタミンCを摂るのも自分でできるシミ対策として有効でしょう。

健康維持を目的として喫煙習慣を止める方が多くなってきましたが、禁煙することというのは、肌に対しても非常によい方向に影響するのです。

喫煙時というのは、お肌の調子を整えるために欠かせない栄養素として知られる多量のビタミンCを浪費してしまっています。

つまるところ、タバコを吸う行為は、シミなどに代表されるお肌の不調の根源ということになります。

タバコを手放したらかわりに美肌が手に入ったというのも、禁煙成功者から多く聞かれる声であり、皆さん実感されていることなのです。

肌はなめらかで均一な構造に見えますが、実は繊細な作りです。

擦ったり引っ掻いたりを繰り返すと肌が薄くなります。

刺激で肌が強化されるかというと、まったく逆なんですね。

表皮は一定期間で外側の層が剥がれ落ちて再生しますが、表皮に過度な刺激をかけ続けると、表皮より下にある真皮層の健康にまで負荷がかかり、耐えられなくなってきます。

すなわち、弾力性がなくなり、皺のもとになる緩みが生じて老けた表情になってしまうのです。

数年前までは気にならなくても、歳を重ねるとともに、気になりだすのが肌のシミです。

シミ対策に悩んでいる方には、漢方をお勧めします。

漢方はシミ対策というよりは、漢方で代謝アップすることで、肌にシミが現れにくい状態にしたり、その手助けによりシミが改善するのです。

飲むと体調が整ってくるので、漢方でシミ対策をすると、体も健康になっていきます。

素肌年齢を一気に進ませる乾燥は、秋冬だけでなく、季節の変わり目にもやってきます。

肌が変化に対応していないので、ことさら注意しなければなりません。

目の周りの皮膚は引っ張ってもわかるとおりとても薄いのでシワの元になる細かいヨレが出てきたり、アレルギーやアトピー体質の人だと赤く腫れて、しつこい痒みに悩まされることもあるようです。

そうなる前にスキンケアを見直しましょう。

ほかの部分はいままでと同じスキンケア製品で構わないかもしれませんが、目元にだけはオイルで脂質を補うようにすると、水と脂の相乗効果で潤いを維持できます。

天然オイルにも鉱物系・植物系、精製・未精製といった種類がありますから、トワエッセの悪い口コミを見ても自分に合ったものを使用しましょう。

 

 

自分にとって適切なツボを押す

ツボで聞くことが多いのは、おへそから両側に指に2本分程度離れたところに天枢(てんすう)が有名です。

また、おへその下5cmくらいのところに存在する腹結(ふっけつ)というツボも効果があります。

手首にも支溝(しこう)と外関(がいかん)というツボが存在します。

便秘の種類によっても、効くツボが違うので、自分にとって適切なツボを押すと改善できやすいでしょう。

ヨーグルトは便秘解消に効果があるといわれますが、私が試してみると、多くの量を食べないと、あまり効果がない気がします。

1日に1パック位食べて、お通じがようやくあるぐらいです。

ヨーグルトを食べるのが好きな人はいいですが、嫌な人もジャムなどを入れて、できるだけ摂取するとよいでしょう。

毎日摂取している乳酸菌のおかげで、私はきわめて健康的になることができました。

毎日朝には欠かさず、ヨーグルトを食べています。

ヨーグルトは様々に味を工夫して楽しめますし、便秘をせずに過ごせます。

乳酸菌を毎日摂るようにしてから、肌の方も調子がよくなってきて、ダイエットにもなりました。

アトピー性皮膚炎患者の角質層はセラミドという成分がなにもない状態の皮膚よりも減少していて、お肌のみずみずしさやバリア機能が落ちています。

ここを補って健康な状態に戻すには、保湿が最も大事です。

それ故に、お肌の表面を保護して、水分が蒸発しないように保湿剤を使う事が必要とされるのです。

実はインフルエンザの予防ために乳酸菌が効くといわれています。

約1年前に、小学生に乳酸菌がたくさん入っているヨーグルトを食べさせたところ、インフルエンザに罹る子供が大幅に減少したというコンテンツを見ました。

娘がちょうど受験の時期だったので、それから、ずっとヨーグルトを食べさせています。

特に乳酸菌が腸まで届くという謳い文句のヨーグルトが特に効果があるそうです。

花粉症となった以来、乳酸菌を取り入れるようにしました。

二年前に花粉症になってしまい、鼻水とくしゃみがやまなくなりました。

治療薬を使うのは避けたかったので、テレビで取り上げられていた乳酸菌サプリを試しました。

今は、これで花粉症はだいぶましになってます。

便通で悩む事って生きていれば必ず一度は誰でも体験するものだと思います。

私もその一人で、最悪の場合は一週間便通が改善しないこともあります。

便秘に効く薬もありますが、服薬に抵抗を感じてしまうので、便秘改善に穏やかな効果を期待できるオリゴ糖で改善しています。

効き目が優しいのが安心ですね。

1日の中で乳酸菌を摂る理想の時間ですが、決まったものがありません。

目安の量と回数は商品パッケージを見れば、指示が書いてあるところがありますから、まずはそこから始めて下さい。

一気に1日分を摂るよりは、こまめに分けた方が身体に行き渡るということから効果が上がります。

事実、アトピーで出る症状は大変に耐え難い症状が出ます。

暑い寒いに関わらず一年中かゆみとの闘いになります。

夏は汗のせいでかゆみが増し、冬は乾燥でかゆみが増大します。

そして、食べ物にアレルギーがあることも多く、間違って食べてしまうと、かゆみだけの問題で収まらず腫れたり、呼吸困難になる恐れもあります。

もし便秘になっても、薬によって簡単に、解決できると思いますが、薬頼みになるのはよくないので、とりあえず、食べ物を見直して見ることが重要です。

特に食物繊維を多く含む食品を摂るのが効果的で、不溶性と水溶性といった2つの食物繊維をバランスよく摂ることが重要です。

すくすく母乳の泉は効果なしじゃないけど、野菜やきのこ類、海草類を積極的に摂りましょう。

 

 

葉酸とるのを忘れてた

葉酸は、妊娠初期に多く摂りたい栄養素です。

では、いつまで葉酸を摂らなければならないかというと、授乳が終わるまで摂り続けるのが理想とされています。

それは長すぎるというならば、妊娠中期まではなんとか意識して葉酸の摂取を続けて欲しいのです。

葉酸は子供のために摂るだけでなく母体や母乳のためにも必要とされる栄養素なので必要量が摂取できるように常に気をつけるべきだからです。

葉酸を摂取するのが一番必要なのは妊娠初期です。

妊娠がわかってから、「葉酸とるのを忘れてた。」と後悔するお母さんも多々います。

そんな風にならないために、妊娠を希望している女性は日ごろの食事でも葉酸を摂取することを心がけましょう。

子供を待っている方は葉酸を欠かさず摂ることが必要です。

その重要な理由としては、妊娠初期に先天性の障害が起きる危険性を低くする効果が確認されているためです。

とは言え、過剰摂取が続くとまた別の問題が起きることが気がかりな点です。

子供に起きる問題としては、将来、喘息の症状が出ることもあるようです。

過剰摂取にはくれぐれも気をつけて欲しいものです。

妊婦にとって欠かせない栄養素がずばり葉酸です。

この葉酸が足りないと子供の脳や神経系に障害が残るリスクが格段に大きくなります。

いつまでに葉酸を摂るのがよいかというと、脳や神経を作る時期は妊娠してから3ヶ月以内とされているため、この頃、特に葉酸を摂る必要があるわけですね。

一般的に不妊になってしまう原因として高温、低温が二つに分けられていないという事があります。

本来ならひと月の間で低温期と高温期がきれいな状態で分かれているはずで、それが排卵が正しくにされているかどうかを確認する目安ともなるのです。

基礎体温がきちんと二層に分かれていないという原因には無排卵などの排卵の障害がひそんでいる事もやはりありえます。

妊婦にとって不可欠な栄養素が葉酸なんです。

葉酸は胎児の脳や神経を作るのに必須の栄養素なんですね。

こはほうれん草などの食品にたくさん含まれています。

一日の必要摂取量としてほうれん草一束を毎日摂取することが大切といわれています。

しかし、これは難しいので、サプリで補うほうが楽な場合もあります。

妊娠初期の胎児にとって欠かせない栄養素として、産婦人科医などでも葉酸の必要性は指導されているようです。

けれども、女性が葉酸を摂取し始めるのは、妊娠に気づいた後では遅すぎだという立場をとる方も存在するのです。

葉酸は水溶性ビタミンであり、体内に蓄積されにくいので、早期から毎日葉酸を摂取していることが子供の発育という観点から見れば大事だからです。

それを考慮すると、妊娠の可能性があるときから多めに葉酸を摂ることが子供のためには良いのです。

女性にとって体の冷えは妊活をする際の大敵です。

そんなわけで、子供の落ち着きがない原因じゃないけど、体を温かくするお茶を毎日意識的に飲むことも妊活の1つだと考えます。

 

 

お肌が傷ついてしまう

重曹を洗顔石鹸に混ぜて使うと、肌の汚れがきれいになり、少しずつシミが気にならなくなってきたとの話題がウェブ上で広まっていますが、注意しないとお肌が傷ついてしまう危険性もあります。

精製度による違いが重曹にはあり、掃除、食品、薬品などの用途に分けられます。

食用の重曹なら大丈夫だと思われるかもしれませんが、洗顔用としては粒子が荒いので、ごしごし洗うことは避けてください。

洗顔後は化粧水などでお肌をお手入れして、たっぷりと潤いを与えてください。

身体の表面を覆う皮膚には、隅々に至るまで毛細血管が網羅しており、皮膚を構成する表皮や真皮の細胞に、血液を介して酸素や水分、栄養を届けて、また、不要の老廃物を排出するための経路ともなっています。

たばこを吸うと身体に色々な悪影響があるのですが、毛細血管を収縮させるのもその一つです。

そのせいで毛細血管の先々まで栄養が行き届かなくなり、老廃物の排出も滞ります。

表皮に栄養がいかなくなれば、表皮は当然弱くなり、本来持っているバリアとしての役割が果たせなくなり、表皮が守っている真皮も弱って、役割りを全うできなくなります。

このようにして肌は張りや弾力を失ってしまい、しわやたるみが増えてしまうのです。

肌のことを考えるのなら、ぜひとも禁煙する方が良いのです。

多くのメーカーから、美白化粧品が売り出されています。

すでにできてしまったシミを薄くしたい場合、まずはシミができたのはなぜか、どのような対策が必要なのか知ることが大切です。

どんな化粧品でも、自分のシミに有効でなければ却ってお肌に過剰な刺激を与えてしまいます。

市販されている外用薬や内服薬を使ったり、美容外科でレーザー治療を受けたりすることもできますが、生活習慣を健康的に整えていくことが美白への最短ルートだと言えるのではないでしょうか。

顔に刻み込まれてしまったシワ、なんとかできるならできれば消してしまいたいものです。

そのシワのできる原因は、つまりは老化であり、紫外線の影響も大きいようです。

シワ予防には紫外線カット、日焼け止めをちゃんと使い、日傘や帽子も使って一年を通して紫外線対策を行い、日焼けしてしまったら、日を置かずに焼けた肌のケアをします。

冷やして熱をとり、化粧水、美容液などを使ってしっかり保湿をし、シミの定着を予防して、乾燥を防ぐようにします。

こういったことの積み重ねが、つまるところアンチエイジングにつながることにもなります。

ビタミンCの美白効果をねらって、レモンを輪切りにして顔にのせ、レモン果汁とオイルでパックする方法が一時期流行っていましたがかえってシミの原因を増やしてしまうので、もう誰も使っていません。

レモン果皮の成分は、肌につけて紫外線の刺激を受けると、シミの原因になってしまうのです。

シミを薄くしたり、予防する効き目をレモンに期待するのなら、日々の食事の中に取り入れるようにしましょう。

かゆみのある時に肌を強く掻いてしまったり、花粉症の人がよくやってしまうように、ひっきりなしに鼻をかむと、そのことで肌は徐々に薄くなっていってしまいます。

というのも、肌の一番外側に位置する表皮はとても薄い層がいくつも重なってできており、傷ついたり摩擦を受けることで、その薄い層が削られていくわけです。

表皮は皮膚のバリアです。

バリアが薄くなるとその下の真皮までダメージを受けることが多くなってしまいます。

真皮までダメージを受けてしまうと、真皮は肌を支える力を失って、結果として肌にシワやたるみができてしまうのです。

個人差はもちろんあるとは思いますが、だいたい38歳頃には、シワは顔に定着するようです。

このくらいの年齢になると、本当に身体の疲れがなかなか取れないことを自覚するようになりますし、クマとかほうれい線あたりの老けてみえるアイテムが急に顏の中で存在を主張しはじめる気がするからです。

38歳になるまでは、肌の調子がすごく落ちていても、ちょっとしたケアをしてあげれば次の日の朝にはちゃんと元気を取り戻していたと思うのですが、38歳になった途端、元の調子に戻るまで、相当時間を必要とするようになって、もうずっと、疲れた状態が続いているように思います。

美しい肌作りに欠かせないのが「ポリフェノール」なのは有名ですね。

その一番のメリットは、抗酸化作用になります。

活性酸素を抑制し、シミ防止にもなりますし、元からあるシミも目立たなくしてくれます。

これは是非とも摂らなければと思う効果が期待できるポリフェノールですけれども、その効果は約4時間と短時間しかありません。

美肌への第一歩としては、サイクルプラスのレビューみたいにこまめな摂取をするということになります。

 

 

冬にぴったりの暖かいタイツを発見

寒い時期になると多くの女性が利用するタイツですが、皆さんはどんなタイツを使っていますか?

デニール数の低い透けて見える物や、または着圧タイツなんかも便利ですよね!

私も先日寒くなって来たという事でタイツを買いに出掛けましたが、お店で凄く魅力的なタイツを見つけたんです。

わたしが発見したのは裏起毛タイツと呼ばれる、肌と密着する裏側がフワフワしているタイツです!

とても暖かそうだったので興味本位で購入しちゃいましたが、家に帰って早速試し履きして見た所、もう凄く暖かいんですね。

今まで履いたタイツよりも遥かに暖かくて、とても冬にぴったりのタイツだと感じました。

ちなみに私が購入したのは女の欲望という名前のタイツで、デニール数も200と結構な厚手ですので全然寒さを感じませんでしたよ!

更に購入時には気がつかなかったのですが、着圧タイプだった様で履いているだけで足のむくみを取ってくれるみたいでした。

裏起毛だけを見て購入した品ですが、何だか一石二鳥って感じの気分になってしまいましたね!

良い事だらけのこのタイツですが、実は残念に思う事が一つありました、、

生地が厚いからなのか他のタイツと比べても毛玉が出来やすい気がします。

折角のお気に入りのタイツなのに毛玉が出来やすいのは、ちょっと私にとっては残念でしたね。

多少の欠点はあるものの、私が今まで履いた中では間違いなく一番暖かいタイツです!

冬にはぴったりだと思いますので、皆さんもお店で見かけたら是非一度使ってみて欲しいですね。

タイツも活用した防寒対策で、寒い冬を乗り切りましょう!

 

 

押入れの整理をしていたら大量の古着が

今年ももう終盤、早いものですね。段々と大掃除の時期が近づいて来ましたが、皆さん準備はしていますか?

大掃除には結構、あると便利なアイテムが沢山ありますから、今からでもお掃除グッズを揃えておくだけで大分楽になりますよ!

私も先日、大掃除に備えて面倒な押入れを整理していたのですが、押入れの中からびっくりする程の量の古着が出て来たんです!

えぇっ 私こんなに服買ったっけ!?と思う程の量でした 笑

着なくなった古着の処分って実は凄く大変なんですよね。

でも捨てるのは何だか勿体無いんです。

まだまだ全然着れる服ばかりですから、どうしてもケチんぼの私は捨てるという選択は出来ないんです!

色々と考えた結果、今流行りのフリマアプリ メルカリで出品してみることにしました。

私は不要な古着でお小遣いが稼げるし必要な方に使って頂けるので、発送作業等はちょっと面倒ですが良い事ずくめだと感じたからですね!

値段設定のコツなども分からずとりあえず何と無くって感じで利用しましたが、意外と購入して頂けるので何だか楽しくなってきちゃいます。

要らないものは何もかもすぐに捨ててしまう方がたまにいますが、私は捨てるよりなら必要な誰かに使って貰った方が良いのでは?と思いますね!

今ではリサイクルショップなどでも買い取って頂けますから、捨てるという選択肢は1番最後に考えて欲しい!なんて私は思ってしまいます。

古着がきっかけで始めたフリマアプリですが、大人気の理由が分かった気がします。

大掃除の準備、私も頑張りたいですね!